ジョージ・クリントンのパネル

久しぶりのブログの更新となりまして失礼致しました!

 

12月になりまして、街中がクリスマスイルミネーションやディスプレで賑わうワクワクする季節になって参りました。

 

 

 

 

今回は、この時期にちなんで夫の作品の中でもクリスマスらしいステンドグラスの作品をご紹介をしたいと思います。

 

ステンドグラスはヨーロッパの教会等で素晴らしい作品をご覧になられている方も多いと思います。

 

教会の様な暗い室内から、外からの透過光で色とりどりに輝くガラスを見る事がステンドグラスの醍醐味であり、光によって映し出される色ガラスの魅力や影なども合わせて楽しむ事ができます。

 

こちらのパネルは、ステンドグラスの起源である「宗教画をガラスに描き、教会の窓装飾として使われた」というところから、宗教画を模した作品になっております。が。

 

 

 

 

実は、中央に立つ人物は、キリスト様のように見えますが、Pファンクの総裁『ジョージ・クリントン』というミュージシャンで、軍団が待ち構えている所へマザーシップから降りてきたという、ワンシーンを作品にしたものだそうです。

夫が学生の頃から好きだという「ファンクミュージック」にまつわる作品はいくつかあるのですが、「どうせ言っても分からないでしょ」と私にはあまり説明をしてくれないので、このパネルも長い事キリスト様だと思っておりました^^。

 

うちの母も、もちろんそう思っているので毎年この時期になると、クリスマスにぴったりだと、家の窓にこのパネルを飾るのですが、夫はいつもボソッと「違うんだけどなぁ~」と言っております^^

 

冬の低い角度の光によってできた影を、ふとした時に、家の中で見つけると、うわー!と嬉しい気持ちになります。

 

 

 

 

毎年飾ってくれる母に感謝です!

ガラスは光によって様々な表情や、その影によっても、季節や時を感じる事ができる素敵な素材です。

 

日々の暮らしの中で是非ガラスを取り入れて楽しんで頂ければと思います。

 

只今ステンドグラスでクリスマスオーナメントを作るワークショップも実施しております。

 

【ステンドグラスでクリスマスオーナメント作ろう!】

 

 

日時:12月9日(日)10:00~12:00
場所:埼玉県宮代町 新しい村 ガラスハウス
対象:5歳以上
定員:10名
費用:¥3,000

 

ご好評を頂きまして2回目の開催になります。
あと、3名様お席をご用意できますので是非ご参加くださいませ。
可愛いラッピング付きですので手作りの贈り物にもどうぞ!

 

 

リトルヒーターグラススタジオのある宮代町の『東武動物公園』や、並木道もイルミネーションで綺麗に輝いております。

 

皆様のお越しを心よりお待ちしております!

 

 

今年の展示は全て終了致しました!

10月になり、今年も残すところあと3か月。

さわやかな過ごしやすい季節で作業もしやすくなって参りました。

春から各地で続いておりました今年の作品展も、9月で無事に全て終了致しました。

応援をしてくださっている皆様のおかげで、大変実りのある貴重な機会となりました。

足をお運び頂きましたお客様や、作品を発表する機会を頂きましたご関係者の皆様には心から感謝を申し上げます。

 

 

今年は、グループ展や個展を含めて6本の展示で作品を発表させて頂きました。

昨年から私も、当工房の企画広報という職に就き、(とは名ばかりの何でも屋さんですが^^)今までよりも積極的に皆様とお話をさせて頂きまして、多くのお客様や、作家の皆様、ご関係者様と、様々な視点からのご意見や嬉しいお言葉を頂きました。

また、SNSを通して「見たよ!」とお越し頂く機会も増えて参りまして、情報化社会の波にも少しづつ乗れてきた気が致しました!

友人がTwitterで展示の様子を発信してくれた際には、多くの方に反響を頂いたと嬉しいお知らせを頂き、こちらのブログにも通常の5倍のご訪問がありました。

ブログを始めて1年以上になりますが、こんなにたくさんの方にお読み頂けたのは初めての事なので大変感謝を致しました。

また、展示を通してたくさんのご縁を頂きましたが、その中でも今回の松屋銀座で同時開催を致しました、むろまいこさんとは小中学校の同級生という偶然の再会がございました。

小学生のむろさんの記憶をたどると、文集を作ったり、物を作る事で自分を表現していた事を思い出しました。

夫もやはり小学生の時に初めて観た映画「スターウォーズ」に衝撃をうけて、宇宙船の細部まで、模写をしたり、立体の物を作る事が好きだったと言っておりました。

作家とは自分の思いや技術を追求し、作品の中で自分を表現している純粋な方々だと思うのですが、きっと、こどもの頃からずっとそうなのかなと思いました。

むろさんも、夫も、決して前にでるようなタイプではないけれど、作品にはしっかりと、自分にしかできないものを表現されていて、どこか似ている所があり、今回の展示では二人の作品が調和して、とても心地よい空間になっておりました。

一般的に出回っている商品は、機能的にデザインし尽くされた素晴らしいものだと思いますが、作家の作品には、機能性だけじゃない奥深い思いや技術が込められている事を少しでも感じて頂けると、より楽しんで頂けるかなと思いました。

そして、只今来年に向けての新作を色々と考案中です。

今までにない、剛ワールドをご覧頂けるよう日々制作に励んで参りたいと思います!

皆様にどんな反応を頂けるか楽しみです!

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

9月作品展のお知らせ

8月も終わりに近づき少しずつ秋の気配が感じられるようになって参りましたが、こちらリトルヒーターグラススタジオはまだまだホットな作業を繰り広げております。

9月は3つの作品展がございますのでご紹介致します!

【塚村 剛 作品展】

9月5日(水)~10日(月)松屋銀座7F 遊びのギャラリー

2004年から個展をさせて頂いております松屋銀座での作品展です。

毎回多くのお客様にお越し頂いております。

今回の新作は、今までにない大胆な赤の色使いで、見ていて楽しくなるようなカラフルな大皿、大鉢を発表致します。

また、アイアンを組み合わせた大皿のオブジェも面白い作品となっております。

夫の作品には珍しく弾けた作品となっておりますのでどうぞご高覧頂ければと思います。

作家在廊日:塚村剛 9月5・8・9(終日)

夫が在廊できない日は妻が代りにご案内させて頂きますのでどうぞお越しくださいませ。

【大ムサビ展】

9/15(土)・16(日)・17(月)フクモリ マーチエキュート神田万世橋店

3日間のアートの祭典!

 

武蔵野美術大学を巣立ったアーティスト、クリエーターが集結するこのスペシャルなイベントは、アートを身近に感じ、体験し、そして気軽に購入して持ち帰り生活の中で自由に楽しむことができます。

野外彫刻や工芸品、テキスタイル、アクセサリーなど、様々なジャンルの作品が一堂に会する『大ムサビ展』

ぜひこの機会に目撃・体感してみてください。

こちらの展示では、よりアートな作品を出品予定です。

夫は学生時代はプラスチックを専攻していたのですが、就職時にガラスに興味を持ち、ガラスメーカーのデザイナーとして入社致しました。

そこからガラスに携わり25年。

ガラスの素材を追求し続けてきましたが、時代の変化と共に現在は新たな挑戦を始めております。

15(土)・16(日)の2日間、作家本人が作品のご説明をさせて頂きます!

面白いお話も聞けると思いますので是非会いに来てください^^!

 

【Creema Store】

9月1日(土)~15日(土) Creema Store ルミネ新宿2 2F

ネットショップCreemaの常設リアルショップです。

Creemaでは「Little Heater」というユニット名で活動しておりまして、主にグラスや小鉢を販売しております。

今回は、viola glass / dripping glass / bleu et citron小鉢を出品しております。

Creema Storeには在店はしておりませんが、只今Creemaでしか販売していない作品を直接ご覧頂ける機会となっておりますので是非お越しくださいませ。

それぞれの展示で、それぞれの違ったテイストの作品を出品致します。

夫の作品は、「分かりやすい」とか、「使いやすい」と言ったものの逆をいく作品が多く、こだわる所がコア過ぎて不器用な作家人生を歩んでおりますが、その中でも作品や夫の人柄にご共感を頂き、ファンになってくださる皆様にはいつも応援を頂きまして制作の励みとなっております。

皆様には心から感謝を申し上げます。

そして、まだ作品をご覧頂いていない皆様にも今回の展示を通して実物の作品をご覧頂き、作家の思いを感じて頂ければ幸いに存じます。

今年最後の作品展になりますので是非足をお運び頂きまして直接お話し頂ければと思います。

皆様にお会いできるのを楽しみにお待ち致しております。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

銀座のギャラリー「つかう たのしむ +ノーション」

銀座のギャラリー『つかう たのしむ +ノーション』での作品展が7/30で終了致しました。

皆様にはお暑い中足をお運び頂きましてどうもありがとうございました。
心より感謝申し上げます。

今回は、うるしの飯笹 信和さんとの二人展という事で、うるしとガラスのコラボレーションでの素敵な展示となりました。

今回のテーマ「色で魅せる」という事から、色鮮やかな万華鏡モチーフのkaleido glassや、小花のビオラモチーフのviola glass等の軽やかなグラスと涼しげな鉢類を展示させて頂きました。

サギングという技法でのグラスは、左右非対称の模様でも形を保つ事が出来るので、吹きガラスではできないような模様を構成する事ができます。

このような、夫のガラス素材の追及ポイントは、ガラス作家の方やガラス好きな方には大変興味を持って頂ける事なのですが、ガラスに詳しくない一般の方にはなかなか伝わりづらい事なので、このような細かな部分にもご興味を持って頂ける様、日々発信して参りたいと思っております^^!

今回作品展をさせて頂きました『つかう たのしむ+ノーション』さんは、以前は東京都国立市で器を中心としたギャラリーをされておりまして、国立では何度か展示をさせて頂きました。

昨年銀座に移転されてからは、場所柄、アート作品をお求めになるお客様も多くいらっしゃるとの事で、つかう器に限らず、アートピース等のたのしむ作品も多数お取り扱いをされております。

 

今回オーナーの稲垣正子さんからは「作家本人の色気をもっと作品に出しても良いよね」というお言葉を頂きました。

色気があるとは、魅力的な。ちょっといい加減な。くせがある。
料理で言う所の、「コク」や「えぐみ」のようなものなのかなと頭に浮かびました。

実は夫が食べ物において一番気になっている、こくやえぐみ。

五年前、子供の名前を決めていた時のエピソードで、女の子なら、私の名前が「かおり」なので、自分が大好きな「こく」か「えぐ美」にしようと言い出し、かおりとこく!最高だね~。と冗談なのか本気なのか。一緒になって笑っておりましたが、子供は男の子だったので違う名前になりました^^。

と脱線致しましたが。

 

一般的に受け入れられたい。という思いが、自然と見えない何かにお伺いをたてながら、個性を抑えた、綺麗な作品を追求して制作していたのかもしれないと。

もっと自分を出した「くせ」のある作品作るかー!と、今回の展示を通してそのような話をしておりました。

今までの夫の作品も「剛さんらしさがでている」とよく仰って頂けるのですが、今後はまだ表現しきれていない部分をわかりやすく表した作品を私も見たいなと思いました。

次回の展示は9月5日から銀座松屋での二人展です。

制作の時間が限られているので、たくさんの数は作れないのですが、新たな思いのこもった作品をご覧頂けると思います。

皆様にご覧頂ける事を励みに毎日頑張って参ります^ ^!